★WOWOWでドラマ版配信中!「三体」の解説はこちら★

徹底特集!仕掛けのあるすごい小説 1度限りの読書体験をあなたに

記事内のリンクには広告を含みますが、本の感想は全て正直に楽しく書いてます。ぜひ最後までお楽しみください★

徹底的に「しかけ」にこだわった小説をご存知でしょうか。
1番最初の読了時にしか味わえない、強烈な読書体験がやみつきに!
そんな「しかけ」にこだわった小説を集めました。

 

ネタバレなしで紹介しています。ご安心を!

 

 

音で全てがひっくり返る!?きこえる/道尾秀介

 

きこえる
きこえる
 

 

小説と「音」を融合させた、体験型ミステリー短編集!遺されたデモテープ、2人の会話、古いラジカセ、盗聴器、そして、、、。

文字を読んで、途中で登場するQRコードを読み取ると、文字ではわからなかった真実が浮かびあがります。

ぜひイヤホンを準備してお楽しみください。

 

  • 著者:道尾秀介
  • 発売:講談社 2023/11/22
  • Kindle Unlimited:対象外
  • Audible(聴く読書):対象外

 

 

読めば必ず透きとおる?世界でいちばん透きとおった物語

僕、藤阪燈真は大御所ミステリ作家の宮内彰吾の隠し子。

宮内は正式な家庭をもちながら、母を含め多くの女性に手を出していた。そんな宮内が亡くなり、僕はその遺稿探しに巻き込まれることに。

遺稿のタイトルは「世界でいちばん透きとおった物語」。遺稿探しの旅は、予想外の結末に……?

 

とにかく一切のネタバレを排して読んでほしい作品。残念ながら、Amazonの販売ページや、本の帯にまで「ネタバレ情報」が含まれてしまっています。

 

確実にネタバレを防ぎたい方は、以下の手順で本書をお楽しみください。

  1. ご家族・ご友人に、世界でいちばん透きとおった物語を代理購入してもらう
  2. 購入してもらった本を受け取る。その際、本の帯の宣伝を外して見えない状態で渡してもらうことを忘れずに。
  3. 本書を読んで驚く

 

世界でいちばん透きとおった物語

世界でいちばん透きとおった物語
 

 

  • 著者:杉井 光
  • 発売:新潮社 2023/4/26
  • Kindle Unlimited:読み放題対象外
  • Audible(聴く読書):Audible版 なし

 

 

衝撃の「あれ」を見逃すな!イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ
イニシエーション・ラブ

合コンで出会った、大学4年生の僕と、歯科衛生士のマユ。徐々に愛を育み、初めてを経験し、しかし、僕の就職、転勤とともに、雲行きが怪しくなり......

 


と、よくある恋愛モノと思いきや、最後の最後に物語は驚きの展開へ。思わず「やられた!」と叫ばずにはいられない、伝説級のしかけ小説です。

文庫版巻末には解説もあるので、しかけがわからなかった……という方にも安心です。

 

  • 著者:乾 くるみ
  • 発売:原書房 2004/3/1 → 2007/4/10 文春文庫で文庫化
  • Kindle Unlimited:対象外
  • Audible(Amazonの聴く読書):聴き放題対象
    サンプル5分の試聴はこちら
    (リンク先で「▶Audible サンプル」を押してください)

    ※本作を初めて読む場合は、Audibleではなく「文字書籍」をおすすめします。

 

紹介記事はこちら(ネタバレ注意)

イニシエーション・ラブ  - わんこたんと栞の森

 

わかっていても騙される!同姓同名

同姓同名
同姓同名
 

 

女児殺害事件発生。犯人の名前は「大山正紀」。事件は無関係の「同姓同名の大山正紀」の人生に暗い影を落とします。

 

7年後、事件当時未成年だった大山正紀が出所したことをきっかけに“大山正紀”同姓同名被害者の会が発足。しかし、彼らを襲うものが現れ始め……?

 

同姓同名というしかけを前面に押し出しつつ、SNS社会の怖さを描き出す、「しかけ」だけで終わらないミステリー小説です。

 

  • 著者:下村淳史
  • 出版社:幻冬舎
  • 発売:2020/9/17
  • Audible、Kindle Unlimitedの読み放題:対象外

 

 

未読の方がうらやましい!しかけ小説の世界

しかけ小説の醍醐味は、なんといっても1回目の読了時にしか味わえないあの快感。まだ未読のあなたが羨ましい!

あなたの気になる作品はあったでしょうか?ここにない作品で、おすすめの小説がありましたら、ぜひコメント欄で教えてくださいね。

 

きこえる
世界でいちばん透きとおった物語
イニシエーション・ラブ
同姓同名

 

読み始めたらとまらない作品も、どうぞ