★WOWOWでドラマ版配信中!「三体」の解説はこちら★

【2024年最新】読み始めたら止まらない!のめりこめるオススメ小説14選

記事内のリンクには広告を含みますが、本の感想は全て正直に楽しく書いてます。ぜひ最後までお楽しみください★

ちょっとずつ楽しむはずが、もう最終ページ。

時間を忘れて没入できる物語との出会いは、何にも代えがたい宝物ですよね。

そんな、読み始めたらとまらない、オススメ小説を集めました。

新しい季節!新しい物語と出会いたい!

 

トリックに酔いしれる!「とまらない」ミステリー小説

王道の本格ミステリ、手に汗握るのノンストップミステリ、さらにはライトなお仕事ミステリまで!謎が解けるまで眠れなくなること間違いなしの、名作を集めました。話題の新作も入ってます!

 

爆弾の恐怖がとまらない!せめぎあう欲望の行方は?「爆弾」

 

爆弾
爆弾
 

 

酒屋で店員を暴行し連行された、さえない中年男。自称:スズキタゴサク。

しかし彼が取り調べ室でほのめかした「予感」。この予感通りに秋葉原で爆弾が爆発。

「ここから三度、次は一時間後に爆発します」次の爆発を阻止すべくタゴサクを取り調べる警察。しかしタゴサクの魔の手は捜査官にも及び始め、、、

 

「このミステリーがすごい!2023年国内篇1位」&「ミステリが読みたい1位」に輝いた怪作「爆弾/呉勝浩」。読み始めたらとまらなくなること、間違いなしです。

 

  • 著者:呉 勝浩
  • 発売:講談社 2022/4/20
  • Kindle Unlimited:対象外
  • Audible(聴く読書):聴き放題対象
    冒頭5分のサンプルはこちら (リンク先でAudibleサンプルボタンを押下)

    朗読は 星 祐樹 さんと品田 美穂 さんの男女二人体制。

    タゴサク、捜査官たちの表情が浮かぶかのような、迫力ある朗読に注目です。
    特にタゴサク。不気味すぎて最初は少し苦手でしたが、次第にあなたも引きずり込まれるはず。

    Audibleは月額料金1500円ですが、無料体験の利用で丸ごと聴いてもOK!ぜひお試しを。

 

紹介記事はこちら!

戦国時代×ミステリー!?衝撃のおもしろさ!「黒牢城

黒牢城
 

織田信長に反旗をかかげ、有岡城に立てこもった荒木村重。毛利の援軍を待つ荒木勢ですが、厳重な見張りの中で変死をとげた人質を皮切りに、立て続けに起きる難事件に悩まされます。

 

誰が味方で、誰が裏切者なのか? 追い詰められた村重は有岡城の地下に閉じ込めた「あの有名軍師」に助けを求めますが、、、

 

戦国時代×ミステリ×囚人探偵!

謎を解きつつも真綿でじわじわと締め上げられるようなストーリー展開に、ページがとまらなくなること必至!

第166回直木賞受賞作です。

 

  • 著者:米澤 穂信
  • 発売:2021/6/2 KADOKAWA
  • Kindle Unlimited:対象外
  • 「聴く読書」Audible:聴き放題対象
    冒頭5分の試聴はこちら(リンク先で▶サンプル ボタンを押下)

    荻沢俊彦氏による大河ドラマのような重厚な朗読でした。
    荒木村重の怒りに満ちた声に、ゾクゾクがとまらなくない!

    歴史人物の名前は、意外にも、紙の本で読むよりも音声の方が記憶しやすく、より物語に没入できました。

    こちらも無料体験の利用で丸ごと聴けちゃいます。

 

黒牢城は2022年のこのミステリーがすごい!1位ですが、なんと2024年の1位には同じ米澤穂信さんの警察ミステリ「可燃物」が!

こちらもあわせて読みたいですね!(管理人のわんこたん、まだ読めてません涙)

 

可燃物
可燃物
 

 

「黒牢城」紹介記事はこちら!

 

十角館の殺人

十角館の殺人〈新装改訂版〉
 

ミステリー好きにおすすめ作品を尋ねれば、きっと10人中10人が十角館の殺人を挙げるはず。日本ミステリ界の新たな時代を切り開いた伝説的な作品です。

しかし、じゃあどんな内容?と質問すると、みんな口を閉ざしてしまう。なぜなら、この作品はネタバレ抜きで読んでほしいから。

孤島、いわくつきの建物、7人の大学生、、、モゴモゴ

 

しかも先日、huluでの実写化が報じられ、話題騒然となっています。

あちこちのニュースサイトでネタバレスレスレの内容が報じられているので、未読の方は今のうちに読んでほしい!

 

  • 著者:綾辻行人
  • 発売:1987/8/27 講談社
  • Kindle Unlimited、「聴く読書」Audible:対象外(2024年1月現在)

 

紹介記事はこちら!(超ネタバレ注意)

 

 

硝子の塔の殺人

硝子の塔の殺人
 

雪深い山中に閉ざされた硝子の塔。一癖も二癖もありそうな登場人物。ちょっと変わった名探偵。このいかにもな設定がたまらない。

新本格ミステリーの集大成ともいうべき、豪華絢爛な謎解きの世界を、ご堪能あれ!

ひとつ前に紹介した「十角館の殺人」に対する、「ラブレター」であり「挑戦状」になっているのも見どころ。ミステリーファンならニヤニヤしてしまうこと間違いなしです。

 

序盤に犯人が明かされる「倒叙ミステリ」のようにも見える本作。果たして真相は、、、?

  • 著者:知念 実希人
  • 発売:2021/7/30 実業之日本社
  • Kindle Unlimited:対象外
  • 「聴く読書」Audible:聴き放題対象
    冒頭5分の試聴はこちら※リンク先で「▶Audibleサンプル」ボタンを押下

    無料体験の利用で「硝子の塔の殺人」が丸ごと聴けます。

 

 

元彼の遺言状

元彼の遺言状
元彼の遺言状
 

28歳ながら年収2000万近いエリート弁護士、剣持麗子。ふとしたきっかけで、彼女は、亡くなった元カレ、栄治の遺言状の謎にかかわることに。

「自分を殺した犯人に遺産を相続してほしい」という、奇妙な遺言。麗子は謎をとけるのか?

 

剣持麗子の強烈ながら憎めないキャラに、夢中になって読みました。

奇抜なストーリーと思いきや、弁護士出身の著者による法律まわりのフォローがしっかりしており、ストレスなく楽しめるのも見どころです。

第19回『このミステリーがすごい! 』大賞 大賞受賞作!

  • 著者:新川帆立 
  • 発売:2021/1/8 宝島社
  • Kindle Unlimited:2024年2月現在 対象外
  • Audible:2024年2月現在 対象外
紹介記事はこちら

 

ザリガニの鳴くところ

ザリガニの鳴くところ
 

沼地で見つかった男性の変死体。

家族に捨てられ、湿地の小屋でたくましく生きる少女。

2人に一体何があったのか?

 

出会いと別れ、美しく時に厳しくて残酷な自然。過去と現在を行きつ戻りつしながら、真相が明らかになっていきます。

ごめんなさい、前半は、ちょっと退屈かも?と思っていましたが、後半積み重ねたものが奔流のように押し寄せました 。本当に読むのが止まらなかった。

 

謎解き要素は少なめですが、沼地の泥のように心にこびりつく作品。ぜひお試しください。

2021年本屋大賞翻訳小説部門第1位です。

  • 著者:ディーリア・オーエンズ
  • 翻訳:友廣 純
  • 発売:2020/3/5 早川書房
  • Kindle  Unlimited 2024年2月現在 対象外
  • Audible 2024年2月現在 聴き放題対象 → 冒頭5分の試聴はこちら
紹介記事はこちら

 

ハラハラがとまらない!サスペンス・スリラー

先の読めないスリリングな展開に、あなたも寝不足間違いなし。

ハラハラだけじゃない、練り込まれた物語に「やられた!」と、うなりたくなる作品たちをご紹介します。

 

殺人鬼にまつわる備忘録

殺人鬼にまつわる備忘録
 

記憶を操る能力を持った、最悪の殺人鬼。

対峙するのは、記憶が30分しかもたない男!?

記憶代わりのノート、すなわち「記録」を唯一の武器に、絶望的な戦いに挑みます。

 

  • 著者:小林 泰三(こばやし やすみ)
  • 発売:2018/10/10 幻冬舎
  • Kindle Unlimited・Audible聴き放題:対象外(2024年2月現在)

 

殺人鬼にまつわる備忘録 詳しい感想はこちら!

 

殺戮にいたる病

殺戮にいたる病

凄惨な連続殺人。犯人と、犯人を追うもの。驚愕の結末に驚かされること間違いなし!

名作ミステリーとして、よく名前が挙がる本作品。ネタバレになるため多くは書けませんが、レビューなどを読まずに楽しんでもらいたい作品です。

 

暴力表現、性表現が多いため、苦手な方はご注意を。

  • 著者:我孫子武丸
  • 発売:1992/9/1 講談社
  • Kindle Unlimited・Audible聴き放題:対象外(2024年2月現在)

 

殺戮にいたる病 詳しい解説記事はこちら!(ネタバレ注意)

 

こころをうつ、新時代の戦争小説

同志少女よ、敵を撃て

同志少女よ、敵を撃て
同志少女よ、敵を撃て
 

第二次世界大戦。独ソ戦。

人類史上まれにみる犠牲者を出した、この戦いには、多くのソ連軍女性兵士が参加していました。「女性狙撃兵」として何人も敵兵を殺した主人公が、戦いの終わりにみたものとは。

緊迫感あふれる市街戦の描写もさることながら、戦争に翻弄される兵士たちの姿が胸をうちます。

  • 著者:逢坂冬馬
  • 発売:2021/11/17 早川書房
  • Kindle Unlimited:対象外
  • Audibleの聴き放題対象(2024年2月現在) 
    → 冒頭5分の試聴はこちら 

    冷たいソ連の大地に暖かな朗読が染みわたります。ぜひお試しを。

同志少女よ、敵を撃て の詳しい感想はこちら!

 

未来、希望、宇宙、哲学、名作SFたち

読む前と読んだ後で、あなたの世界観がかわる!

脳汁ドバドバ間違いなしの、傑作SFをご紹介!

 

三体シリーズより、1作目「三体」

三体

全世界累計発行部数2900万部の大ヒットSF!

Netflixでのドラマ版配信も決定し(2024年3月配信予定)、まさに、今ノリにノッているSF。物語としては全3部作ですが、1作目「三体」だけでも、楽しめます。

 

文化大革命という中国の血なまぐさい歴史と、VRゲーム「三体」がの織り成す謎。

いったい地球に何が起きているのか?まさに「睡眠時間泥棒」な作品です。

 

1作目「三体」は2024/2/21に文庫化が決定。Amazonでの予約はこちらからどうぞ

 

  • 著者:劉 慈欣
  • 発売:2019/7/4 早川書房
  • Kindle Unlimited:対象外
  • Audibleの聴き放題対象(2024年2月現在) 
    → 冒頭5分の試聴はこちら

    無料体験でシリーズ制覇にチャレンジ! 
    朗読は祐仙 勇さん。とにかく登場人物の多いこの作品を見事な演じ分けで朗読。そのため紙書籍で読むより理解しやすいです。

    この方の読む「史強(主要キャラ)」のセリフが特に最高!史強の頼もしさが伝わってきます。

    すでに読了済みのあなたも、ドラマ版配信前に「聴く読書」で復習すれば、あらたな発見がありますよ。

 

三体シリーズ ネタバレなしの解説記事はこちら

 

三体の実写ドラマ版(Netflix配信版とWOWOW配信版)については以下の記事でも紹介中なので、ぜひご覧ください。

ドラマ「三体」テンセント版はWOWOW配信中!Netflix(ネットフリックス)版も配信決定!最新映像化情報

 

プロジェクト・ヘイルメアリー

プロジェクト・ヘイル・メアリー
 

目覚めるとそこは宇宙船。ひとりぼっち、記憶なし。

孤独な男に課せられた地球を救うミッションとは?

持ち前の明るさと科学知識、クラフトで窮地を乗り越えていく姿に元気をもらえること、請け合いです!

後半の驚愕の展開にも注目!ネタバレ一切なしで読んでほしい!

  • 著者:アンディ ウィアー
  • 翻訳: 小野田 和子
  • 発売:早川書房 2021/12/16
  • Kindle Unlimited:対象外
  • Audibleの聴き放題対象:対象外(2024年2月現在)→冒頭5分を試聴してみる
  Audibleなら、紙書籍では聞けない「あの音」が聴けるのも注目ポイント!
  残念ながら聴き放題の対象外ですが、既読の方にもぜひ聴いてほしい1冊です。

 

紹介記事はこちら!(超ネタバレ注意)

 

新世界より

新世界より(上)
新世界より(上)
 

名作ぞろいの貴志祐介作品。どの作品も「とまらなくなる」に定評ありです。

わんこたんイチ押しは「新世界より」

牧歌的な農村の風景に、呪力をあやつる村人たち。どこか不思議で懐かしさも感じるその風景に、点々と「違和感」の染みが広がっていきます。

徐々に明らかになる世界の正体。最後にひっくり返る展開もたまりません!

これ以上はネタバレになるんだ、、、文庫版で上中下にわかれる長編だけど、とにかく読んでほしい!

  • 著者:貴志祐介
  • 発売:2008/1/24 講談社
  • Kindle Unlimited、Audible化:対象外(2024年2月現在)

 

紹介記事はこちら!(超ネタバレ注意)

 

人間こわい。心理描写がたくみな小説!

複雑でシリアスな人間模様の展開に、目が離せなくなる作品です。

何者

何者
何者
 

就活対策のため、集う4人の就活生。

互いに本音を隠しつつ、SNSに気持ちをのせる。そんな彼らがたどりつく、衝撃のラストとは。

 

SNS黎明期の作品ながら、今でも色あせないのは、この作品に「人間」の本質が描かれているせいかもしれません。

「何者か」になろうとしてあがく若者たちの姿。30代になった今読んでも、心をかきむしるものがあります。戦後最年少の直木賞受賞も納得!

 

映画化もされています。岡田将生くんカコイイ

  • 著者:朝井 リョウ
  • 発売:2012/11/30 新潮社
  • Kindle Unlimited:対象外
  • Audible:聴き放題対象。
    冒頭5分の試聴はこちらから

    ※本作はSNSの書き込みや回想シーンが入り混じるため、初めて読む際は、Audibleではなく、紙書籍・電子書籍が混乱しづらくおすすめです。
紹介記事はこちら(ネタバレ注意!)

 

番外編:小説ではないけれど、、、抱腹絶倒のおすすめエッセイ!

とまらない「小説」、ではなく「エッセイ」ですが、わんこたんお気に入りの1冊をご紹介!

人間をお休みしてヤギになってみた結果

人間をお休みしてヤギになってみた結果
人間をお休みしてヤギになってみた結果
 

人間ってつらいこといっぱい。仕事、人間関係、やりたいことをやりたいように
できない不自由さ、将来への不安、、、

なんなんでしょうね、人間。
人間やめて動物、たとえばヤギなんかになったら人生(ヤギ生)ゆるっと過ごせるんじゃないんですかね。

そんなわけで、そこで本当にヤギになってやる!と一念発起した男の話。

果たしてヤギになれるのか?結末まで(笑いが)とまらない、一冊です。

  • 著者:トーマス・トウェイツ
  • 翻訳: 村井理子
  • 発売:2017/11/1 新潮社
  • Kindle Unlimited:対象外
  • Audible:対象外

 

まとめ

以上、「読み始めたらとまらない!」をテーマに13作品を紹介しました。

この記事が、あなたと本のステキな出会いのきっかけになりますように!
(書影クリックでAmazonのリンクにジャンプします)

同志少女よ、敵を撃て
新世界より(上)
元彼の遺言状
何者
人間をお休みしてヤギになってみた結果
爆弾

 

早川書房のおすすめ作品紹介中!

SF・ミステリの傑作ぞろいの早川書房。本記事でも早川書房の書籍が登場しています。

セールは終了してしまいましたが、わんこたんおすすめの作品を紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

2023年11月 早川書房/ハヤカワ 秋のKindleのビッグセール 2000冊が50%OFF!オススメ小説を紹介