★WOWOWでドラマ版配信中!「三体」の解説はこちら★

ポジティブ思考で火星から生還せよ!火星の人 原作小説の感想と解説

火星に一人残された男の、生き残りをかけた孤独な戦い。独りぼっちでもへこたれない!科学の力ととポジティブ思考で生還せよ!アンディ・ウィアーのデビュー作、「火星の人(原作小説)」の感想を書きました。 大ヒット映画「オデッセイ」の原作小説!文庫版…

三体だけじゃない。次に読みたい劉慈欣作品を一挙解説!

「三体シリーズ」で一躍世界に名を馳せた、中国人SF小説作家の劉 慈欣さん。でも三体だけじゃもったいない!邦訳版の劉慈欣作品の制覇を目指す管理人、わんこたんが、劉 慈欣作品の魅力と、「三体の次に読みたい」劉 慈欣作品について、語りつくします。 代…

日本を代表するSF小説 マイナス・ゼロの感想と考察

日本のタイムマシンSFを代表する小説、「マイナス・ゼロ」。単行本化から50年以上たった今なお愛される、この傑作小説の感想と思い出を語ります。 マイナス・ゼロ(広瀬正小説全集1) var today = new Date(); var day = today.getDate(); if( day == 5 || …

(2024年2月)幻冬舎でんぽんフェス(電子書籍セール)対象のおすすめ書籍

幻冬舎のでんぽんフェス(電子書籍セール)は、5000作品以上の電子書籍がおとくに買えるチャンス!わんこたんのおすすめ作品を紹介しますので、本探しにお役立てください。 幻冬舎のでんぽんフェス、会場はこちら さらにKindleではまとめ買いキャンペーンを…

迷路館の殺人 感想

実際に起きた事件をもとに書かれた、ミステリー小説「迷路館の殺人」。小説の結末は?そして小説に隠された真実とは?迷宮のような地下の館にいざなわれた、8人の客人。綾辻行人作「館シリーズ」の3作目。「迷路館の殺人」の感想と解説です。 館シリーズの中…

バレンタインに読みたい&贈りたい おすすめ恋愛小説とギフト本

甘くてちょっと苦い。そんなバレンタインにぴったりの「大人な」恋愛小説と、自分へのご褒美にしたくなる「ギフトにできる本」集めました。 王道と変化球、どちらがお好み? バレンタインにぴったりな恋愛小説たち 正統で、まっすぐで、純粋な1冊 キッチン/…

読み始めたらとまらない、究極のノンストップミステリー 爆弾/呉勝浩

酒屋で店員を暴行し連行された、さえない中年男。自称:スズキタゴサクただのつまらない男かと思いきや、そいつは希代の爆弾魔だった!爆発を阻止すべくタゴサクを取り調べる警察。しかしタゴサクの魔の手は捜査官にも及び始め、、、「このミステリーがすご…

ハードSF短編集『海を見る人』不思議な世界と人間たちの物語

海を見る人は、小林泰三さんによるSF短編集。あなたの想像を超える不思議な世界と、そこであり得たかもしれない人間たちの物語。その感想を書きました。 海を見る人 var today = new Date(); var day = today.getDate(); if( day == 5 || day == 10 || day =…

出版業界をぶった斬る問題作!?作家刑事毒島の感想を書きました

もしも作家が刑事だったら、、、?そんな作家×刑事の職業系ミステリ、「作家刑事毒島」の感想を書きました。 作家で刑事でしかも性格にクセがありすぎる! 作家刑事毒島 var today = new Date(); var day = today.getDate(); if( day == 5 || day == 10 || d…

【実体験】楽しく収益化して月1万!読書ブログの始め方、書き方、リアルな収益、全て解説

読書が大好きな、管理人わんこたん。「本の感想をブログに書いて、収益を得たい!」そんな思いで、2020年に当ブログ「わんこたんと栞の森」を開設しました。開設から2年半はアクセスほぼ0、もちろん収益もほぼ0。試行錯誤し、2023年4月に「収益10,000円」を…

最高におもしろかった!WOWOW版(テンセント版)ドラマ三体を原作と比較しながら解説!

長編SF傑作小説「三体」。そのドラマ版が中国テンセントビデオで制作されていたのをご存じでしょうか?その日本語字幕版がWOWOWなど各種VODで配信開始。原作ファンとしては見るっきゃない!三体シリーズ原作を全制覇した管理人わんこたんが、WOWOW版(テンセ…

時をかける!タイムトラベルSFな オススメ名作小説8選

タイムトラベルといえばSF作品の王道ど真ん中!この記事では、初心者向けから高難易度まで、いろんなタイムトラベル小説を集めてみました。あなたも本を片手に、時間旅行気分を味わってみませんか? CAUTION! 本記事では、その性質上「この作品にはタイムト…

戦国時代が舞台の傑作ミステリー!黒牢城 / 米澤穂信 感想

このミステリーがすごい2022年国内1位など、4大ミステリランキングを総制覇。第66回直木賞に、第12回山本風太郎賞を受賞。そんなにすごいの?と、逆に疑いたくなる無双っぷりですが、ご安心を。めちゃくちゃおもしろかったです。そんな、2021年を代表する国…

小林泰三作品、最初に読むならやっぱりこれ!「玩具修理者」「酔歩する男」

この2作品が楽しめたなら、他の小林泰三作品も絶対に楽しめるはず!小林作品の入口にふさわしい2作品、「玩具修理者」「酔歩する男」を、解説します。

【みんなにクリスマスプレゼント】2023年ブックサンタに本を寄付してみました(体験談)

「ブックサンタ」というものをご存知でしょうか。経済的な理由、難病、被災などの事情で、クリスマスにサンタさんが来られない、誕生日にプレゼントを準備できない家庭のこどもたちに、本を届けることを目的とした活動です。当ブログ管理人のわんこたん。202…

収益とPVを毎月公開!書評ブログは稼げない?【2023年10月版】

「書評ブログ」は収益化できるのか?その実態を正直に告白する月1回のシリーズ記事。なにやら今月は調子にのっているようで、、、? 2023年10月 発生ベースで16,419円でした!あれ、調子乗ってきた? ※これまでの「確定収益の推移」は記事の中ほどでご覧くだ…

人類の運命は?『天冥の標1 メニー・メニー・シープ』の主要キャラクターと謎を考察

2010年代の日本SF小説界を代表する、スペースオペラSF「天冥の標」全10巻17冊の大ボリュームで、2019年2月に完結しましたが、10年という長きにわたる出版ペースに、脱落した方も多いのでは。そんな脱落者のひとり、わんこたん。このたび再読開始しましたので…

ブログから商品が売れない、に効く本!「セールスコピー大全」で学ぶ、売れる言葉の作り方

ブログで商品を紹介しても、買ってもらえない。と悩む方は多いはず。わんこたんも書評ブログを3年以上運営していますが、当初はなかなか本が売れずに苦労しました。そんなときに出会ったのが「セールスコピー大全」。読んでみると、売れる記事に近づくヒント…

Prime(プライム)感謝祭(2023年10月14日・15日)セール中のおすすめ小説!ミステリーホラーSF中心

日本では初めての開催となったAmazon のPrime(プライム)感謝祭。 プライム会員限定のセールですが、感謝祭に便乗?し、Kindle 書籍が多数セール対象に。 しかもプライム会員以外でも大丈夫!お得に本が買えるチャンスなので是非チェックしてみてください。 …

収益とPVを毎月公開!書評ブログは稼げない?【2023年9月版】

「書評ブログ」は収益化できるのか?その実態を正直に告白する月1回のシリーズ記事。ドメイン取得2年目に突入したわんこたん。次なる目標は? 9月の収入、6,289円でした。まずまず! 読書ブログの収益化方法 まとめました。 2023年4月、わんこたんと栞の森の…

文化女中器ってなんだ?夏への扉/ロバートAハインライン 感想と解説

日本のSFファンから長年愛され続ける、往年の名作SF「夏への扉」文化女中器など、強烈な訳語におどろかされますが、古い作品とあなどるなかれ、令和の今だからこそ、読んで新たな発見があるかも!「夏への扉」の魅力をちょっぴり辛口コメントも添えてご紹介…

【2024年2月最新】Kindle Unlimited で読める、おすすめ小説(ミステリー、ホラー中心)

「小説風」の自己啓発本ではなくて、読み応えのある小説が読みたい、、、 そんな悩みにこたえる「Kindle Unlimitedで読めるおすすめ小説」集めました。

元祖タイムトラベルSFを読む!タイム・マシン(HGウェルズ著)とタイム・シップ(Sバクスター)」感想

この記事では「タイムトラベルSF」の元祖となった小説「タイム・マシン/H.G.ウェルズ」と、その続編「タイム・シップ/S.バクスター」について、イラスト付きで紹介します

1年間どうだった?収益とPVを毎月公開!書評ブログは稼げない?【2023年8月版】

「書評ブログ」は収益化できるのか?その厳しい実態を身をもって明らかにする、月1回のシリーズ記事です。今回はドメイン取って1周年ということで、1年間の総括も書いてます! 8月の収入、11615円でした。過去最高だ! 読書ブログの収益化方法 まとめました…

【2024年最新】読み始めたら止まらない!のめりこめるオススメ小説14選

ちょっとずつ楽しむはずが、もう最終ページ。 時間を忘れて没入できる物語との出会いは、何にも代えがたい宝物ですよね。 そんな、読み始めたらとまらない、オススメ小説を集めました。 新しい季節!新しい物語と出会いたい! トリックに酔いしれる!「とま…

親子で読める、中学生高校生がお金との付き合い方を学べる本「いま君に伝えたいお金の話/村上世彰」感想

2022年から高校授業のカリキュラムで「金融教育」が義務化。子供のうちからお金について学ぶべき、という意見も聞かれるようになりました。 お金について自分の子供と話し合いたい 投資やら運用やらの前に、お金に対しての基本的な価値観を学んでほしい 小学…

心にこびりつく、ミステリー。ザリガニの鳴くところ 原作小説版の感想と考察

家族に捨てられ、ひとり湿地で生きる少女。17年後、死体となって見つかった青年。犯人は誰なのか?「ザリガニの鳴くところ」原作小説の感想と、浮かぶ謎について考察しました。 文庫版が2023/12/5に発売されました! ザリガニの鳴くところ var today = new D…

(終了)2023年8月【Kindle最大50%ポイント還元セール】など、おすすめ小説を紹介(8/10まで)【新潮文庫/朝日新聞出版/村上春樹作品など】

夏のkindle ポイント還元キャンペーンがあつい!(2023/8/10まで)この記事ではキャンペーンの中から「小説」に絞っておすすめをピックアップ!ぜひお気に入り登録して、作品探しにお役立てください。 ※この記事で紹介したセールは、終了しました。 次回のセー…

地球の運命はこどもたちにたくされた!超新星紀元 / 劉慈欣 感想

SF小説「三体シリーズ」の作者である劉慈欣氏の長編デビュー作。 その邦訳版がついに登場!地球の運命はこどもたちにたくされた!? ネタバレありの感想です。

めくるめく悪夢の世界へ!「忌憶」/小林泰三 ネタバレ感想

この記憶は自分のもの?それとも、、、確かなはずの記憶が、徐々に浸食されていく恐怖とは。日本を代表するホラー作家の短編集「忌憶」の感想をまとめました。 忌憶 var today = new Date(); var day = today.getDate(); if( day == 5 || day == 10 || day =…