ネトフリでドラマ配信中!三体原作の解説はこちら

【批判も含めて考える】FACTFULNESS-ファクトフルネス- / ハンス・ロスリング 感想と要約

記事内のリンクには広告を含みますが、本の感想は全て正直に楽しく書いてます。ぜひ最後までお楽しみください★

世界に溢れかえる「情報」どう向き合うか。
不安なニュースで溢れる昨今、じっくり読んで考えたくなる本です。
第1章と第3章の要約もご紹介!

※引用元について断りのないデータは、FACTFULNESSの記載をもとにしています。

こんな方におすすめ!

学校の知識をアップデートしたいあなた

データの読み取り方を学びたいあなた

ネガティブなニュースに疲れたあなた

 

 

FACT FULNESS -ファクトフルネス-とは
「13の質問」にチャレンジ!

本書のテーマは「事実に基づいて世の中を考える」

冒頭に、世界にまつわる13のクイズが登場します。

あなたは解ける?世界の「事実」クイズ

現在、低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を修了するでしょう

A 20%  B 40%  C 60%

※全てのクイズはこちらのサイトで挑戦!

筆者ハンス・ロスリングはこのクイズを「世界中の知識層」に出題。

すると、多くの問題で正解率が33%以下に。

3択問題なので、チンパンジーに鉛筆を持たせて、適当に解かせれば正答率33%のはず。

正答率33%以下?
チンパンジー以下じゃん

辛辣!

チンパンジー以下になるのは、世界に対する「誤った思い込み」があるから。

思い込みではなく、事実をもとに世界をみる。

そのためには「10の思い込み」に立ち向かわなければならない、

「10の思い込み(本能)と、それに立ち向かう方法」FACTFULNESSのメインテーマです。

10の思い込みとは?

これが10の思い込み!
  1. 分断本能「世界は分断されている」
  2. ネガティブ本能「世界はどんどん悪くなっている」
  3. 直線本能「世界の人口はひたすら増え続ける」
  4. 恐怖本能「危険でないのに恐ろしい」
  5. 過大視本能「目の前の数字が一番重要だ」
  6. パターン化本能「1つの例がすべてに当てはまる」
  7. 宿命本能「全てはあらかじめ決まっている」
  8. 単純化本能「世界はひとつの切り口で理解できる」
  9. 犯人探し本能「誰かを責めれば物事は解決する」
  10. 焦り本能「今すぐ手を打たないと大変なことになる」

例えば、1つめの「分断本能」て、なんだろう?

私たちは、世界が「途上国」と「先進国」で二極化していると考えがち。

しかし第1章を読めば実際の世界の姿が浮かび上がります。

どうすれば10の思い込みを克服できるのか?

\\ 続きは本書で! //

FACTFULNESSをAmazonで見る

※Audible版もあるけど、図が多いので、「聴きながし」には不向きです

「FACTFULNESS」のすごさとは

「データ」をもとに、筆者の意見も織り交ぜつつ、理論を展開していく本書。

この「データ」、なんと全てオープンソース。出典元も含め、以下に紹介するデータベースで閲覧できるようになっています!

自分でグラフを作れちゃう、データベースがすごい

ファクトフルネスのすごいところは、自分でグラフを作って学べること。(バブルチャート、棒グラフ、折れ線グラフなど)。他にも機能がいろいろ!

以下のリンクをクリック!下の方にスクロールしてAnimating Dataのリンクを押してみてね。PC閲覧推奨!

https://www.gapminder.org/

FACTFULNESSの日本での出版は2019年じゃが、2023年2月現在も最新データに更新され続けておるぞ

日本の情報だけを抽出したり、縦軸や横軸をいじって、自分でグラフを作成し、出力することも可能。

実際にわんこたんもデータをもとに検証記事を書いてみたり。

所得と虫歯の関係【FACTFULNESSを読んで検証!】 - わんこたんと栞の森

FACTFULNESSは読むだけでも「なるほど!」と勉強になりますが、それは入り口。

読みながらデータを眺めて検証してみると、すごくおもしろいんです。

FACTFULNESSをAmazonで見る

膨大な脚注もすごい

ファクトフルネスのすごいとこ。書籍の約25%を占める脚注。さらに書籍の脚注の3倍のボリュームを占めるweb脚注が存在します。

FACTFULNESSの後半25%のページは、「なんのデータを使用したか」という「根拠」の紹介に割かれています。

これだけでも膨大ですが、さらに、書籍に掲載されている脚注の、さらに3倍量の脚注、いわば、「シン・脚注」をweb上で公開。

Detailed Notes | Gapminder(英語)

さらに!

このウェブ脚注をなんとか日本の読者にも読んでほしい!という思いから、共訳者である上杉周作氏が、「一人で」「無償で」ウェブ脚注を翻訳、公開しています。

『ファクトフルネス』ウェブ脚注

根拠を提示する、というのは「データに基づく一切の批判、議論、検証を受け入れます。」という姿勢の表れ。

この本に対する筆者と訳者の熱い姿勢が伝わってきますね。

ウェブ脚注作成の経緯については、上杉周作氏のブログ記事もぜひご覧ください。

『ファクトフルネス』批判と知的誠実さ: 7万字の脚注が、たくさん読まれることはないけれど — 上杉周作

FACTFULNESS 要約と考察(第1章と第3章)

FACTFULNESSの中でも特に印象的だった、第1章と第3章の、要約と考察をまとめました。

第1章 分断本能「世界は分断されている」という思い込み

世界は「発展途上国」と「先進国」で二極化している?

そんなことはないよ!

私たちはついつい「世界の貧富は発展途上国と先進国で二極化している」と思い込みがち。

この「二極化の思い込み」=「分断本能」を解くのが第1章です。

そもそも「発展途上国」と「先進国」の定義ってなんだっけ?

明確な定義はありません。

OECD(経済開発協力機構)で公開している、「ODAを受け取っている国」を発展途上国とみなす、という考え方もあります。
ただし、この定義だと「中国」「インド」なども「発展途上国」に含まれるので、私たちがなんとなくイメージする「貧しい国」とは異なるかも。

「二極化」しているかどうかデータで確認

第1章ではまず、
「5歳まで生存する子供の割合を縦軸、女性一人当たりのこどもの数を横軸」として、世界各国をあらわしたグラフが登場します。

早速、似たグラフを先ほどのデータベースhttps://www.gapminder.org/で作ってみました。

縦軸:1000人中何人のこどもが5歳までに亡くなるか
横軸:女性一人当たりのこどもの数
円の大きさと色:人口数と地域
です。

縦軸:1000人中何人のこどもが5歳までに亡くなるか 横軸:女性一人当たりのこどもの数

1965年のデータでは、明らかに

「子供の数が多く死亡率も高い」国(右)と、

「子供の数は少なく死亡率は低い」国(左)

に2分されています。

矢印の赤丸が日本!当時は1000人中、約22人の子供が5歳までに亡くなっていたよ

一方で、2022年のデータでグラフを作ってみると?

多くの国が1965年でいうところの「左側」に推移し、全体的に死亡率が下がって、円が下の方に移動していることがわかります。

ファクトフルネス本書では2017年のグラフが使われているけど、せっかくなので2022年版のグラフにしてみました。

右端は「ニジェール」で、1000人中73人の子供が亡くなっているよ。

世界の姿は「二極化」ではなく「グラデーション」

FACTFULNESS第1章より。わたしたちは貧富の差が二極化していると思いがちですが、実際には膨大な中間層のいる、グラデーションのような分布となっています。この図はファクトフルネス54ページを参考に作成しました。

先ほどの2022年のグラフをみると「二極化」ではなく、多くの中間層が存在する「グラデーション」になっていることがわかります。

第1章では他にも多数のグラフが登場.

わたしたちの頭の中にある「分断」「二極化」のマジックを解き明かし、「グラデーション(分布の存在を教えてくれます。

冒頭のクイズの答え

・低所得国の女子の60%は小学校を卒業する。

20%以下の女子しか小学校を卒業しない国は世界でもまれです。

※アフガニスタン、スーダンなど。

60%の女子が小学校を卒業する、というのもまだ十分ではないですが、

ついイメージしがちな「二極化した世界」の「発展途上国」のイメージとは、だいぶ違いますね。

\\ 世界のイメージが変わる!//

FACTFULNESSをAmazonで見る

 

 

第3章 直線本能「世界の人口はひたすら増え続ける」という思い込み

世界の人口は、これまで増え続けてきた。これからも増え続けるだろう

そんなことないよ!

私たちはつい、「世界の人口は直線的に増え続けていく」と思い込みがち。

この「グラフが直線を描くと思いがち」=「直線本能」を解くのが第3章です。

\\ 直線本能を解く!//

FACTFULNESSをAmazonで見る

子どもの数は増えない!

FACTFULNESS(2019年出版)では、
2100年ころ、人口が100億人~120億人で、世界の人口は安定する、という国連の予測(当時)を紹介しています。

2022年の国連の発表では「2080年代に世界人口104億人」でピークを迎える、と予測されておるぞ。

矢印(2085年)でピークを迎える?

※グラフ引用元:World Population Prospects 2022 Summary of Results 30ページ

そして、FACTFULNESSによれば、世界の「子どもの人口」は、2000年頃から横ばい推移。増加していません。

2015年時点の15歳未満の世界人口は約20億人。

そして、国連の予測では「2100年の」子どもの数も約20億人。

世界的に、子どもの数が増えなくなったんだね。

世界の人口推移の歴史

世界人口の推移をグラフで見てみましょう。

https://tokyo.unfpa.org/sites/default/files/%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E6%8E%A8%E7%A7%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%952017%20Japanese_2.jpg

引用:

UNFPA Tokyo | 1月15日 SRID第6回懇談会 「世界の人口問題とSDGs」

1800年頃に、急激に増加してる!

各時代のこどもの産まれ方、育ち方について、FACTFULNESSでは以下のように説明しています。

ファクトフルネス第3章より。子供の数はこう変化した。

1800年頃

女性ひとりあたりの子供の数は6人。

4人は途中で死んでしまい、次代に子孫を残せるまで成長できるのは2人。

この時期、世界の人口は約10億人。その推移は横ばい傾向でした。

 

1950年頃

女性ひとりあたりの子供の数は5人。

こどもの死亡率が下がり、

生き延びて次代に子孫を残せるまで成長できるのは4人。

1900年には15億人だった世界人口。

2000年には60億人まで急激に増加しました。

人類史上まれにみる人口爆発であり、「自然との調和がずれた時代」と表現されています。

 

2000年~

女性ひとりあたりのこどもの数は2人。

次代に子孫を残せるまで成長できるのもおよそ2人。

1800年と同じ数に戻りました。

こどもが生き残る確率があがり、こどもを多く産む必要はなくなった現代

人口推移は1800年ごろのそれに戻りつつあります。

平均寿命が延びたことで、しばらく人口(特に高齢者人口)は増え続けますが、

やがては人口増加はストップするでしょう。

人口が増え続けていた時期の方が異常事態で、「人口が増えないほうが普通」という考え方なのじゃ

「少子化」に対する考え方が、根本から変わってしまいそう

こどもをたくさん産まないのは、だれの判断か。

「こどもをたくさん産む必要がなくなったから、子供の人口が増えなくなった。」

「いま、多くの親たちは自らの判断で子供の数を減らしている」

上記のFACTFULNESSの書き方について、皆さんはどう感じるでしょうか?

「産みたくてもお金のことを考えたら、産めない」

こういう意見もあるでしょう。

わんこたんとしては、「子供を産みたい」という、普遍的な願いが叶えられる社会であってほしいと思います。

一方で、どんなに福祉政策を充実させても、子供の数をこれ以上増やすのは難しい、と、FACTFULNESSを読んで感じました。

子供を増やすことを目的にするのではなく、もっとシンプルに「市民が困っていること」を解決するためにお金を使ってほしいな。

 

 

 

ファクトフルネスへの疑問と批判

データをもとに世界の真実を明らかにしている!素晴らしい!

と絶賛されがちなFACTFULNESSですが、疑問や批判も浮かんできたので、

わんこたんにて検証してみました。

疑問① 低所得国の定義とは?

冒頭で引用したクイズ

現在、低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を修了するでしょう」

ですが、そもそも「低所得国」の定義とは?

FACTFULNESS 427ページにも記載されていますが、これは「世界銀行」が作成した定義。

以下のようにひとりあたり国民総生産(USドル)に応じて世界を「4段階」に分類しています。

ひとりあたり国民総生産の「4段階」区分

「低所得国」:GNIが1,045$以下
「下位中所得国」:1,046$〜4,125$
「上位中所得国」4,126$〜12,745$
「高所得国」:12,746$以上

引用:

第1節 新興諸国経済の類型化:通商白書2015年版(METI/経済産業省)

一方、FACTFULNESSでは、世界を「4つの所得」レベルで考える場面が、多く登場します。

FACTFULNESSの「4つの所得レベル」

レベル1 1日の所得2ドル
レベル2 同8ドル
レベル3 同32ドル
レベル4 32ドル以上

「低所得国」と「レベル」という2つの基準が混ざって、ちょっと分かりにくいのよね

「4つの所得レベル」は、著者オリジナルの定義のようです。

レベルの「区切り方」によって、データの見え方が大きく変わってきそう。

→じゃあ、著者の主張をよりよく見せるために、あえて4つに区切っているのでは?

という疑いを防ぐためにも、
なぜ「4つの所得レベル」をこの数字で区切ったのか?という説明はほしかったです。

疑問② なぜ対数めもりを使うのか?

第1章では、所得をグラフに組み込む際、かならず対数めもりを使っています。

なぜ?

これについては、脚注に回答がありました。

所得が何ドル増えたかよりも、何倍になったかが重要な場合、
倍増する目盛は役に立つ

所得の増えた「量」ではなく「増え方」に着目してほしいから、対数めもりを使っているんじゃな。納得!

批判:グラフの見せ方が恣意的?

恣意的 しいてき

この記事では「わざとよく見せようとする」という意味で使っています。

例えば第2章。

「世界について良くなっている32のこと」として、32個のグラフが並んでいます。

(例)

  • タンカーから流出した油の量 → 減少
  • 5歳までになくなる子供の割合 → 現象
  • 1年あたりの新作長編映画の本数 → 増加

いずれも横軸に「年」をとっています。

しかし、あるものは1800年~のデータ、あるものは1900年のデータ、のように、
「年」の起点がバラバラのグラフを、同サイズに加工して並べており、どうしても恣意的な印象を受けてしまいます。

「この批判は、特に多かった。」と、FACTFULNESSの訳者である上杉周作氏もブログ記事で、紹介しています。

批判に対する回答を,冒頭でも紹介した、同氏のブログから引用します。

32のグラフの横軸・縦軸についての訳者による補足:
32のグラフの横軸の一番左には、それぞれの題材で信頼できるデータがある最も古い年号が使われている。
だから、グラフごとに横軸は違う。
このため、ふたつのグラフの形を比較することはできないし、本書でもそのような比較はしていない。

著者としてはできるだけフェアに伝えようとした結果なのじゃな

データはただの数値ですが、これを表やグラフにすると、とても見やすくなります。

見やすくなる一方で、データに作り手の意図が加わることは避けられません。

表やグラフを見て納得するだけじゃなく、込められた意図についても考えていきたいですね。

FACTFULNESSを読んでみる

データを「やさしく」伝えるということ

FACTFULNESSを読むと、筆者がとても丁寧に、言葉を選んでいることに気づきます。

例えば以下のように。

災害での死者が減っていることを、大災害がまさに起きている最中に言うのは場違いだ。こういう時は人類の進歩のことはいったん忘れて、それぞれができる協力をしよう。
(FACTFULNESS kindle版 186ページより抜粋、一部わんこたんにて省略)

このような「やさしい」表現が、頻繁に登場します。

「回りくどい」「冗長」な表現かもしれませんが、わんこたんは「好ましく」受け取りました。

データはデータでしかありませんが、そこに感情を乗せることで、相手にわかりやすく伝えることができます。

一方、感情を乗せすぎてしまうと、恣意的、意図的な印象を与えてしまいます。

FACTFULNESSはそのバランスにかなり気をつかっているね!

まさに今、読むべき本。

私たちは、ついつい極端な意見、センセーショナルなニュース、簡潔なスローガンに心を奪われがち。

わんこたんがこの記事を最初に書いている現在(2020年3月)、日本でのコロナウイルスの感染者数(累計)が毎日少しづつ増えていて、ニュースでもSNSでもそれに関連したワードがバンバン飛び交っています。

不安なニュースがあふれる今こそ、この本を開いて、情報の受け止め方について考えてみませんか?

ビジネス書なら、こちらもおすすめ!

専門家ではなく「みんなの意見」のほうが正しい??

小説なら、こちらもおすすめ!