★WOWOWでドラマ版配信中!「三体」の解説はこちら★

(途中)読書感想文/パレード

記事内のリンクには広告を含みますが、本の感想は全て正直に楽しく書いてます。ぜひ最後までお楽しみください★

なんか久しぶりに、するする、素麺食べるみたいに読書している気がします。
こういう読みやすい小説も、時には良いよね。

映画化で話題の吉田修一の小説。都内の2LDKマンションに暮らす男女4人の若者達。「上辺だけの付き合い? 私にはそれくらいが丁度いい」。それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、“本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。そこに男娼をするサトルが加わり、徐々に小さな波紋が広がり始め…。発売直後から各紙誌の絶賛を浴びた、第15回山本周五郎賞受賞作。

 

1章では↑の「男女4人」のうち、大学の経済学部3年の「杉本良介」
一人称となって、物語が進みます。
良介くんは、自分と相手の関係性(特に男女関係)を客観的に見つめるのが
苦手なようです。
それなりに普通の学生生活を送っていて、いろいろ悩みもあるようです。


なお、大学での勉強のことは彼の思考にはほとんど登場しないようです。

私は大学時代、頭の3割くらいは常に
「大学の勉強難しいなあテスト勉強しなきゃなあ」
で構成されていたタイプなので、良介くんのようなタイプの大学生とは
多分相いれないでしょう。(偏見)

 

登場人物5名、順番に視点が切り替わり、
2章では「大垣内 琴美」が一人称となります。
琴美は、怠惰な生活を送っているようで、自分や他人に対する
分析力はなかなか高そう。
どちらかといえば客観的に自分を見つめているようで、良介くんとは対極な
タイプのように見えます。

そして、物語のキーパーソンとなりそうな、「サトル」がここで登場。

ここからどのように物語が進むのか、
琴美いわく「うわべだけの人間関係だけだからちょうどよい」共同生活が
どのように変化していくのか、

 

不穏さをなんとなーく感じつつ、、、

 

楽しみに読み進めております。