【ドラマ原作小説】元彼の遺言状シリーズがおもしろかった!

このミステリーがすごい!
2021年 第19回 大賞に輝いた
弁護士ミステリ
「元彼の遺言状」(新川 帆立 著)
大賞も納得!のおもしろさと
ドラマ版との違いを解説します。

元彼の遺言状 あらすじ

 

28歳ながら年収2000万近いエリート弁護士、剣持麗子
ふとしたきっかけで、彼女は、亡くなった元カレ、栄治の遺言状の謎にかかわることに。

 

栄治の遺言状は
自分を殺した犯人に遺産を相続してほしい
という、奇妙なもの。

 

栄治は製薬企業の社長の御曹司でこの企業の株を大量に所有。彼の遺産を相続するということは、この製薬企業の株を相続するということであり、経営に足を突っ込むということ。

栄治の遺産が製薬企業の経営基盤を揺るがす事態となり、重役たちは3つ巴の勢力になって争っており、、、

そんななか、殺人事件が発生し、麗子は謎が謎呼ぶ遺産相続スキャンダルに巻き込まれていきます。

果たして遺言状の目的は?
殺人事件の犯人は?
剣持麗子はこの謎を解けるのか?

続きが気になる?
kindleなら今すぐ読めます

元彼の遺言状をkindleで探す

ネタバレ感想 とにかく話がスムーズでおもしろい!

主人公の麗子は弁護士。

弁護士主人公のミステリ作品は、弁護士が警察でもないのに事件捜査に深く関わるのか?という点で不自然になることもありますが、この作品は絶妙なストーリー展開でその不自然さをカバーしており、構成のうまさが際立っています。

麗子は弁護士であるため、細かい証拠を集めてトリックを暴くことはしませんが、法律の視点から犯人の動機を解明、それが事件解決につながる流れがスムーズで、一気に物語に引き込まれました。

鍵となる遺言状も、一見ふざけているように見えて、相続の欠格事由、遺留分、公序良俗の問題とか、法律上の問題もしっかりフォローされています。

作者が弁護士出身で、
法律監修がばっちり!

さらに登場人物は(麗子含め)全員、かなり個性的。
全員腹の中に何を抱えているのか、読めず、物語は二転三転し、目が離せません。

キツイだけじゃない!剣持麗子がかっこいい

主人公麗子は自他ともに認めるお金好き。
初っ端から彼氏である信夫のプロポーズを、婚約指環が安すぎるという理由でキレて断るほど、金銭的価値に執着します。

信夫君、
すてきなリングを
選んでたのに

ボーナスの額に納得がゆかないと上司にくってかかり、その勢いで所属する弁護士事務所を休職。

栄治の遺言状問題に足を突っ込んだのもうまくすれば遺産の一部が手に入れられるとふんでのものです。

冒頭の婚約指輪のシーンは、さすがに信夫が気の毒で、あなたも麗子を嫌いになるかもしれません。

しかし、ストーリーが進むにつれ(お金のためとはいえ)仕事に責任を持ち、依頼人のことを守るためなら警察相手にも一歩も引かない、麗子の強さに惹かれてしまうはず。

なぜ彼女がここまでお金に執着するのか?も、事件と並行して徐々に明らかになります。謎解きを通じて変化する麗子の心境にも注目です!

冒頭でふられた
信夫くんはどうなる?

信夫くんとの顛末は、続編で少しずつ明かされますよ!

原作とドラマ版 最大の違いは「篠田」

ドラマ版では綾瀬はるかさん演じる剣持麗子大泉洋さん演じる篠田敬太郎がタッグを組んで事件を解決。2話目までは「元彼の遺言状」のストーリーをなぞりつつも3話目以降は、完全にオリジナル展開でした。

「篠田敬太郎」って誰だ?

原作では「篠田」と名字のみ。
篠田は麗子と栄治(遺言状書いた元彼)の共通の友人。
栄治が「インフルエンザ」がきっかけで亡くなったらしいことを知った篠田は、自分が栄治にインフルエンザを感染させたことが栄治の死因であると主張、「自分が栄治を殺した犯人」となって遺産を相続できないか、弁護士である麗子に、相談するのです。

遺産目的?
なかなかの食わせ物の
友人だなあ。

篠田が遺産を相続できれば、自分も多額の報酬がゲットできる。それで麗子はこの事件に足を突っ込むことになりますが、、、

篠田はストーリーのきっかけではあるものの、小説版ではそこまで重要なキャラではなく、途中からは登場しません。

ドラマ版のように麗子とタッグを組むこともなく、続編にも出番なしという点で、大きく異なっています。

続編となる短編集 剣持麗子のワンナイト推理

 

 

剣持麗子がまたまた活躍!!

前作「元彼の遺言状」事件がきっかけで、とある弁護士の仕事を引き継ぐことになった麗子。そんな彼女のもとに舞い込む5つの事件。

相変わらずお金は好きだけど少し優しくなった?彼女が睡眠時間を削って一晩で事件を解決していく短編集です。

前作では会社法や民法の知識を武器に謎を解明しますが今作は刑事事件がメイン。

ホストの黒丑(くろうし)や自称「捜査本部潰し」の橘刑事など、前作以上に癖の強いキャラに振り回される麗子。

ひとつひとつの話も楽しめつつ、それぞれの話がパズルのピースのようにはまっていくのも展開も見事です。

シリーズ第3弾 倒産続きの彼女

 

今作の主人公は麗子と同じ弁護士事務所の美馬玉子。祖母を世話しながら弁護士としても働く苦労人です。

麗子と玉子、対照的な2人がバディを組んで
転職するたびに転職先を倒産させる
従業員の謎に迫ります。

殺人事件も発生し、二転三転する展開に目が離せません。

謎の黒幕の存在もほのめかされ、次回作への期待も膨らみます。

ところで麗子の所属する山田川村・津々井弁護士事務所。
川村弁護士と津々井弁護士は登場しますが
本作でもまだ、山田弁護士は登場していません。

これも次回作の伏線かな?

著者 新川帆立氏の新作も続々

刊行中の剣持麗子シリーズ3作品(2022/11/21現在)を解説しましたが、どれも読者を飽きさせない展開ではずれなし!とても楽しめました!

著者の新川帆立氏はこのミステリーがすごい!大賞を受賞した「元彼の遺言状(2021年1月8日発売)」がデビュー作でしたが、2022年11月現在ですでに6冊目刊行!ものすごい速筆です。

剣持麗子シリーズ以外もおもしろそうな作品がたくさん。読めたら、当ブログでも記事にしていく予定です。

 

新川 帆立さんの著作をAmazonで探す