★WOWOWでドラマ版配信中!「三体」の解説はこちら★

イニシエーション・ラブ 彼女の本音を答え合わせしてみた

僕とマユの出会いは7月の合コンだった。初めてのデート、たどたどしい会話、愛の深まり、そして……すべてを裏切る「あの1行」の衝撃。二度読み必至の恋愛小説「イニシエーション・ラブ/乾 くるみ」をマユ目線での解説?しました。 イニシエーション・ラブ var…

Netflix版ドラマ三体 原作との違いは?ファンの正直な評価・感想を書きました

Netflix版ドラマ「三体」。原作のストーリー構成を大幅に変更し、再配置。緊張感を保ちつつ、よりわかりやすい物語になっていました。さすがはデヴィッド・ベニオフ&D・B・ワイス監督! 三体原作大ファンの管理人わんこたんが、Netflix版ドラマ三体 シーズ…

何歳からがおすすめ?6歳児にこども用国語辞典を買ったら、会話が3倍楽しくなった

我が家の6歳児(年長)から、「これどういう意味?」「教えてー?」と、言葉の意味を聞かれることが増え、子どもの成長は嬉しいけれど、毎回スマホで調べるのが大変で。そこで国語辞書を買ったら、思いのほか楽しかったので、書きました。子ども用辞書の購入に…

残る一人に選ばれるのは。極限ミステリー「方舟」の感想

とにかく何も知らないまま読んで!とおすすめされた「方舟」。読んでみたら最高におもしろくて最高に狂った展開に、度肝を抜かされました。方舟を読んだ感想を、できる限りネタバレなしで詳しく書きました。「週刊文春ミステリーベスト10」2022国内部門1位、…

真実を再生せよ!「きこえる/道尾秀介」の感想と、ほんのり解説

物語を読んで、QRコードをで音声を再生。浮かび上がる真実にあなたは気づけるか!? そんな挑戦的な小説「きこえる」の解説と感想を書きました。

最初に読みたい!クローズドサークルなミステリー小説 基本のおすすめ3冊

クローズドサークルミステリー。 それは閉ざされた空間で、登場人物が次々に欠けていく、残酷だけれど美しい物語。極限状況下で紡がれる物語は、緊張感と、謎解きの爽快感でやみつき間違いなし。 言葉自体は、平成になってから使われるようになりましたが、…

ミステリー好き必読の1冊!「そして誰もいなくなった」感想と解説 

吹雪の山荘に、鍵のかかった地下室に、あるいは絶海の孤島に閉じ込められて、、、そんなミステリー作品を誰しも一度は読んだことがあるのではないでしょうか。この記事ではそんな「クローズドサークルもの」を世に広めた元祖、ともいえる作品「そして誰もい…

ポジティブ思考で火星から生還せよ!火星の人 原作小説の感想と解説

火星に一人残された男の、生き残りをかけた孤独な戦い。独りぼっちでもへこたれない!科学の力ととポジティブ思考で生還せよ!アンディ・ウィアーのデビュー作、「火星の人(原作小説)」の感想を書きました。 大ヒット映画「オデッセイ」の原作小説!文庫版…

三体だけじゃない 次に読みたいおすすめ劉慈欣作品を一挙解説!

「三体シリーズ」で一躍世界に名を馳せた、中国人SF小説作家の劉 慈欣さん。でも三体だけじゃもったいない!邦訳版の劉慈欣作品の制覇を目指す管理人、わんこたんが、劉 慈欣作品の魅力と、「三体の次に読みたい」劉 慈欣作品について、語りつくします。 代…

日本を代表するSF小説 マイナス・ゼロの感想と考察

日本のタイムマシンSFを代表する小説、「マイナス・ゼロ」。単行本化から50年以上たった今なお愛される、この傑作小説の感想と思い出を語ります。 マイナス・ゼロ(広瀬正小説全集1) var today = new Date(); var day = today.getDate(); if( day == 5 || …